INORI広場 Blog

これはまるで「X-Men」

天然石のお店を営んでいますと、特異体質・・人より「気」を敏感に感じたり、霊的現象を体験する以外の、超常現象的な力を表す方・・・が、以外といるのに気づかされます。
僕はそれが、逆にワクワクするのですが・・(*^_^*)



さて、今回はずっと以前に流行った映画「X-MEN」を連想させるお話です。
ヒーロー役のウルバリンの腕から出るナイフなど、あったらいろいろと便利だろうな・・・と思いました。
腕からナイフが出たり目から光線が出たり、手から炎を出したり、などは全くの非現実的ですが、それの少し似た体質を持つ方はいます。

特 異 体 質


お客様で、体に磁気を寄せ付ける・・というか、磁気を発する方がいます。普通の人以上に。
以前、テレビで金属の物が体にくっついてしまうびっくり人間見たことがありますが、それに近いですね。

冬の乾燥している空気の中では、事務所や車のドアを開ける時に静電気でビリッとした体験は誰しもが持っていると思いますが、この方は、火花を発するそうなのです。
バチッ!!と。
ですから「セルフでガソリンを入れる時には毎回命がけです」とおっしゃっていました。(-_-;)

さて、今回はそれよりももっとすごい方のお話です。
(長い振りをしてしまってすみません。ここからが本篇です。)

その方は、僕の姉と同じ会社の取り引き先の30代前半の女性でした。姉の会社関係の繋がりでウチの店からブレスをお買い上げいただくご縁が出来たのです。

名古屋にお住いなので、直接店に来ることは出来ませんから、お電話と画像を送信してのやり取りで作成してゆきました。
その女性をSさんとしておきます。

初めは分からなかったのですが、Sさんとお話をしているうち・・・次第にこの人は何か「違うぞ」と感じるようになりました。そこに至るまでのお話は長くなるのでここでは省略します。
そして、Sさんからお聞きしたお話です。

まず、「見た夢が現実化する」。
小さい頃は、皆誰でもそうなんだと思っていたようです。
次は、「発電現象」。
蛍光灯のガラス管を持っているだけで、ぼわ~と光りだす。(-_-;)もちろんコンセント無しです!



本人が言うには、この力は台風の停電の時は大変便利だったようです・・なんだか本物のライトセーバーみたいでかっこいいですね。

霊的現象やラップ現象は、磁気と密接に関係していることが科学的にも証明されていますから、このようなことがあるのは理屈では分かります。ただ、便利なことばかりではなく、Sさんの自宅の電化製品はしょっちゅう壊れるそうです。

余談ですが、うちの電化製品も一時はよく壊れていました。原因が家内の霊的体質だというのに気が付くのには時間がかかりましたけれど・・・

Sさんの話に戻しますが、これは危険だと思ったです。
彼女自身がかなりの怒りや悲しみにあるとき、自分の力がコントロールできずに、自分のエネルギーでまわりの電気関係のものを壊してしまうのです。
Sさんもそのあたりは自覚されているので、めったなことでは怒らないようにしている、とおっしゃっておられました。



ところがある時、プライベートで大きな怒りと悲しみが起こるようなことがあったそうです。出来るだけ思い出さないように、考えないように努力をしていたようですが、会社の帰宅中にそれを思いだして・・・感情がピークに達した時・・・

駅の自動改札機2台と、乗り越し精算機2台を破壊してしまったのです・・

駅はちょっとしたパニックだったようですよ。
一緒にいた友人が彼女の体質を知っていたので、何とかなだめてくれて落ち着いたそうですが・・・・
いや・・怖いですね・・・


当時の彼女は彼氏がいなかたので、僕が作らせていただいたブレスに恋愛運も入れました。
その甲斐あってか、数年前に「結婚しました」のハガキをいただきましたが、ただ・・・

ご家庭ではいつも何があっても平穏でいる事を願っています・・
カメハメハを炸裂されたら笑いごとでは済みませんから(*^_^*)

Shop         INORI   ホームページ

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP