INORI広場 Blog

神様の素顔(後編)


前回の続きです
Tさんの神様との会話は、ほんと、ごく普通の知り合いか?と思われるような感じです。神々しいものでもなければ、ひれ伏して教えを乞うものでもありません。


神様とお話できる他の方々が良く言われることに、「神様の中にも階級がありますよ」というのは本当だと思います。
Tさんの見る神様は、ほとんどが親しみやすい庶民的神様のようですね。

エピソード


京都の松尾大社の近くにある月読(つきよみ)神社に行かれた時のこと。

※月読尊(壱岐の月神)が祭られています。社伝によると、月読尊は、海人族が奉斎する海の干満を支配する月の神とされているとのことです。
神功皇后が安産のために使用したと伝わる「日延石」や、絡み合う「結びの木」など、縁結び・子授け・安産といった、女性の幸せ・家族の喜びを叶えてくれるパワースポット的存在の神社です。

立派な鳥居をくぐり、神門を通って境内に入っていくと、本殿の前に舞殿があります。

そこに白い着物を着た女性が腰かけていたのです。
この方が月読尊でしょうか・・・月読尊そのものが男性なのか女性なのか不明なのでよくわかりません。

近づいてゆくとにっこりと笑ってこう言われたのです。
「まあ、こっちに入っといで。気は心やから」
入っといで、と言われても舞殿に勝手に入るわけにはいきません。
深々とお辞儀をしてその場を立ち去って行かれたようです。
この神様も話相手がほしかったのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・
神社にはたいていお稲荷様が祭られています。
Tさんはある日、お稲荷様にスーパーで買った、ポリパックに入った天ぷらを供えたそうです。
すぐに処分できるように輪ゴムも付けたままにして。
すると、お狐さんが表れてポリパックに口を寄せてきたのです。
唖然として見ているTさん・・・

すると
お狐さん「ちょっと、フタ開けてくれる?食べられへんのやけど。」
Tさん「で・・でも、食べ物をそのままにすると事務所の方に叱られるから・・」
お狐さん「大丈夫やて」
Tさん「は・・はぁ・・」と言って輪ゴムを外してフタを開ける。
お狐さん「あの、もう少し傾けてくれるかなぁ」

お供えにもきちんと口をつけていただいているんだな、とこの会話から分かりました。(^^♪

・・・・・・・・・・・・・・・
奈良の有名な三輪神社、正式名称は「大神神社」と言います。
ご祭神は国造りの神様で大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。

ご祭神がお山に鎮まるために、当社は古来本殿を設けずに直接に三輪山に祈りを捧げるという、神社の社殿が成立する以前の原初の神祀りの様を今に伝えており、その祭祀の姿ゆえに我が国最古の神社と呼ばれています。


Tさんは、三輪山に登り参った頂上で、ふと見ると、大きな石の周りに6人の神様が集まっているのが見えたのです。
皆さん割と小柄だったといいます。

何をされておられるのですか?
と聞くと、神様の一人が「これからの大和の行く末を相談しておるのよ」とお答えになられたといいます。
この神様たちは、ごく正論の受け答えでしたね。(#^^#)

お参りの心構えが変わりませんか


このほかまだまだお話はありますが、僕的に一つだけ突っ込みたいことがありました。

Tさんが神様とあいさつ程度の会話で終わっているのが不思議なのです。せっかく「神様と喋れる」のだから、なぜこの際いろんなことを聞き出さないのでしょうか。
個人的なことでなくとも、日本の本当の歴史やこれからの災害や地震の予知などなど・・・
でもTさんは全くそのような気がありません。
神様も人も同じ見方です。
特別な存在だからといって、人が知りえない何かを聞こうとか知りたいという気がないのです。

これは僕の考えですが、たぶん神様もそのようなTさんだから自分たちの姿が見える人として許されているのかもしれません。能力が与えられたといってもよいでしょう。
Tさんのような人は、まだまだ日本にたくさんいると思いますよ。
でも、「神様から聞いた本当の日本史」とか「直接神様が語る日本人のルーツ」などの本を見たことがありません。
心がピュアであり、よい意味で浮世離れされた感性を持っている人でないと神様の姿は見れないのでしょうね。

いずれにしても、手入れの行き届いていて参拝される方がいる神社には、必ず神様は鎮座さけていて私たちと一緒に暮らしておられるということがわかりました。
お稲荷さんにもお礼の意味でお供えをすると喜んでもらえるのです。お供えは召し上がりやすいように工夫してあげましょう(笑)

 追 伸


僕は普段読む本はビジネス書が多いのですが、好きな小説モノに「神様の御用人」というのがあります。
人と神社に関わる神様との物語で、今では8巻まで出ています。
初めはここに出てくる神社の「神様」って、小説だからこんなにも人間ぽくドラマチックに表しているのだと思っていました。
でも意外に人間ぽい神様も多いのだと思います。
そう思うと神様がもっと身近に感じる存在になり、いろんな神社仏閣に行くのが楽しみになりました。

Shop         INORI   ホームページ

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

最近の記事

  1. 2020.02.26

    勘違いの霊
  2. 2020.02.5

    香りの魅力2

カテゴリー

PAGE TOP