INORI広場 Blog

NO!と言わない店づくり(2)

前回の、NOと言わざるを得ないご依頼の続編です。

それはいくら何でも・・・


ある日上品なご婦人が入って来られて、まっすぐこちらへいらっしゃいます。
そしてカバンからルイビィトンの財布を取り出されました。


こんな場合は大抵、「ここにひっかけるストラップを作りたいのだけど」といったお話から入ります・・。
ところがそのご婦人・・「この財布のここ・・端のところが擦り切れてるでしょ?わかる?これを直してもらえないかしら」
(いや・・それは無理です)
それからカバン修理専門のショップを案内いたしました。

ブレスのヒモ換えに来られたご婦人・・修理が終わって代金をいただいてから一言・・
「そうそう、これも直してくれないかしら。」



カバンから口紅を取り出されました。口紅の根元が壊れているとの事なのです・・
見ると、何かが引っかかっているようですね・・・(-_-;)

いや・・・でも・・・(汗)

はい。お直しいたしましたよ。

最後のお客様は結構ハイレベルだと思います。
初めてのお客様でしたが、とっても明るい方です。

お客様「ウチで亀を飼っているのよ。それでね!なんと・・その亀が脱皮したのよ!!」
(亀が脱皮するとは・・・これはとても珍しい現象ですよね。僕もこのお話には興味がわきました。)
お客様「綺麗な亀の皮が5枚も!!すごいでしょ」
河野「ええっ!!それはとっても珍しいですよね!」
お客様「でね、その亀の皮を加工出来ないかしら?」
河野「・・・・・・(-_-;)」

最近では、石に穴をあけてほしいとか、原石を磨いてほしい・・・といったご依頼程度は普通に思うようになりました。(笑)


Shop         INORI   ホームページ

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP