INORI広場 Blog

石は生き物


鉱物はすべてそうだと思いますが、自然の中から掘り出した後も静かに生息しているようです。
以前のメルガマでも「水晶は生き物」で、ルチルクォーツの針が成長したり増えたりしたお話を紹介いたしましたが、今回はそれの第2弾です。

クラック水晶と言って水晶の中に意図的にヒビを入れて綺麗に加工したものがありますが、月日とともにこのヒビが消えてゆくケースなどはよくありますね。
また、石の大きさが微妙に変わる・濁っていたものが透明になった・・・などなどお客様からいろいろとご報告下さいます。

私が持っている最高に汚いルチルクォーツ(あえて不細工な石ばかり集めて作りました)も、半年ほどで透明な石にかわりましたよ。
鉱物は数百年から数億年もかけて変化するものです。
たかが数か月で変化が確認できることなど常識ではあり得ません。そう・・常識では。

でも、実際に起こっている事実はどう説明すればよいのでしょうか?
私にもわかりません。(*^_^*)
これらの事から、お願いごとや祈り事などは、お寺や神社にご祈願するより、最も身近にいる「石」に語りかけた方が効果あるような気がするのは私だけでしょうか。

あ、大切なことを言い忘れました。石の成長を確認出来たり祈りが通じたりするのは、石を「可愛がってあげている」場合が多いようですよ。

>

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

最近の記事

  1. 2018.07.4

    広州散策

カテゴリー