INORI広場 Blog

精霊は見る人しだい(後編)

前回に「精霊の姿は見る人によってさまざまです」というお話をしました。
実は僕自身もそういうことが分らなかった時期があり、とても驚いたことがあるのです。


小さいころ、一人で寝ていると目の前に白い着物を着た女の人が浮いていてとても怖い思いをしたことをはっきりと覚えています。
でもそれ以来霊体験はなくて、ずっと自分は感度の薄いタイプの人間なんだと思っています。感度が薄いからこそ、エネルギーの強いパワーストーンの中に1日いても平気なんだと思っていたのですが・・・

開 眼 の 儀 式


まずは、精霊を見るきっかけ(・・・かもしれない)と思う事柄からお話しますと・・・
何度も書いていますが、うちの店にはかなり濃いお客さまが多いです(笑)
ある時期にうちに頻繁に出入りするようになった女子がいます。


A子さんとしますね。
彼女は16にも見えるし35にも見えるという年齢不詳。
生き方や物の考え方、行動・・かなりの個性派です。
もちろんファッションも。
モデルの仕事から土木建築の現場も経験したりで、彼女と話していて飽きることはありませんでした。



そして、彼女はかなりの霊的な存在の持ち主でした。

ある日、のほほん~としてる僕に向かってこういうのです。
Aさん「店長、自分では霊感など一切ない、て言ってるけど・・・気づいてませんね。」
僕「えっ?」
A子「店長の額の目(第3の目)、半分開いてるよ」
A子「全部開かせてもらっていいですか?」
僕「なんだかわからないけれど、やってやって(^^)/」と軽いノリでした。
それから、約5分。
僕は目を閉じていたので何をされているかわかりませんでした。

ただ、特に変化ナシ!!て感じです。
それから普通に生活していました。
そう、何も変わることもなく。

1年ほどたったある夜、真夜中にふと目が覚めたのです。
すると・・・
目の前にすごいものが浮いていました!!
体長2メートルはあろうかと思われる大蜘蛛!!!
それも2匹も!!

1匹は平べったくて、もう1匹は少し小さく・・と言っても1メートルはあります・・・ずんぐりと丸い感じです。
2匹で天井は埋め尽くされています。

驚きのあまり悲鳴も出ません・・・(涙)
もちろん夢なんかでないのは自分が一番分っています。
頭はすごくクリアなのですから。

ただ・・・
恐怖ではあるのですが、それがとっても綺麗なのです。
蜘蛛の本体と緩やかに動く6本の脚は虹色のガラスなのです。

↓この蜘蛛版、て感じです。

キラキラとレインボーの煌めく蜘蛛が独特の動きで天井に2体浮いているのです・・・
始めはギョギョ!!でしたが、時間がたつにつれ慣れてきて、その綺麗な体に見とれてしまっている自分がいました。
そしてだんだんと眠くなって、気がつくと朝でした。

あれはいったい何だったんだろうか。
ずっとそう思っていましたが、今では何かの霊なんだとわかります。
そして、それは定期的に見ることになるのです。
そう、今でもです。

ただ残念なのは、初めて見た時よりも綺麗なキラキラ感はありません。
そして形もわけがわからないものになってしまっているので、なんだかなぁ~、なのですね・・・

どうか「2001年宇宙の旅」のような神秘的なビジュアルで現れてよ

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

  1. 2019.12.4

    神 の 子

カテゴリー

PAGE TOP