INORI広場 Blog

石は持ち主を守っている


※以前に投函したお話をもとに書き直しています

今回は、「石はやっぱり持ち主を守っているんだ!!」・・というお話です。

今回の内容は、話の経緯から怖い系になっています。お嫌いな方は飛ばして下さいね。

昨年からお付き合いをさせていただいている男性のお客様です。

その方は、小さな時から毎晩のように金縛りにあい霊が見えていたのです。子供の頃は怖いというより、夜になればたくさんの人と「遊べる」のが普通だと思っていたと言います。

今でもたまに金縛りに合うそうですが、その時の状況は普通ではありません。
昨年聞いたお話では、夜中にふと目を覚ますと、小学生らしき女の子が寝ている横に座っていて、凄い形相でこちらをじっと見ているのです。
こちらが気が付いたことを知ると・・・「お前を3日以内に殺してやる」とつぶやいたそうです。

その方の凄い・・・というか変わっているというか・・・は、それでびびるわけでもなく、「本当に3日で死ぬのか・・」と考えていたようです。(-_-;)

もちろん、3日後どころか今もお元気なのですが、ただこんなことがあったのです。

その方はタイガーアイとヘマタイトの勾玉をデザインしたブレスを身に付けておられます。(もちろん僕が作らせていただきました)。

怖い顔の少女が出た翌朝、ブレスを見ると・・タイガーアイの勾玉がボキッと真っ二つなのです。もちろん、落としたわけではありません。
当人は、このタイガーアイが邪念から守ってくれたのかも・・とおっしゃっておられました。僕もそう思います・・・

で、話はここからです。(長い前置きですみません(>_<))
2か月ぶりにお越しになったその男性はブレスのゴム交換に来られました。そして、「久しぶりに金縛りにあって・・」と言われます。
聞くと、怖い話でした・・・

夜中に女性(今回は大人です)の霊が現れて、すーと自分の体に近づいてきました。
そして、腕にはめていたブレス(その方は、毎晩ブレスと時計をはめて寝られるそうです)を、ずりずりと外そうとしているのです!!

金縛りで動けない中、はめていたブレスを霊がゆっくりと、しかし強引に外してゆくのです・・・うわ~っ(>_<)
ただその時は、幸運にも時計が邪魔して外れなかったようなのです。
そのブレスは4本の糸が入っていましたが、2本が切れていました。
「次に切れたらと思うと・・(-_-;)」と言って、早速新しく取り換えに来られたのです。

その霊は、男性に対して何かをしようとするのに腕のブレスが邪魔だったからはずしにかかったに違いありません・・まさかそのブレスがほしかったわけで
はないでしょう・・たぶん・・。(>_<)
石が何かに対してしっかりと守っていたとするなら、やはり石ってきちんと働いてくれているんだ!!・・と怖いお話の中、そう感じたのですが、皆さんはいかがですか。

しかし・・・

もし、あの時ブレスが外れていたらどうなっていたのかな、と他人事ながら興味があります。

>

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

最近の記事

  1. 2018.07.4

    広州散策

カテゴリー