INORI広場 Blog

石の愛のメッセージ


店で毎日石と接していていつも思うのです。
この子たちとも一期一会なんだな・・・てね。
さまざまな天然石の中では、古いものでは20億年前からのものと推測されるものもあります。
それが掘り起こされた後、2つから3つの国を渡りながら、人から人へとつながり僕のところに来たわけです。
いやあ・・「ようこそ」という感じですよ。

最近でも新しい石が発見されています


そもそも地球自体が鉱物ですから、地球が形成された時代から存在するのは当たり前なのですが、半貴石として扱う天然石では「歴史の中で人に興味をもたれた石」と限定して話をします。
理科で出てくる花崗岩や安山岩などの種類の話ではありません。


さて、そんな中でも近年新たに見つかっている石のほとんどが、効能では「愛」がベースにあるのは意味があるのではないでしょうか・・・


「現れるべき時代に現れた石たち」ですね。


数年前に流行ったスペクトロライトという石ですが、虹のような閃光が現れていて、見ているだけで心が和みます。


この石の面白いところは、見た目はラブラドライトと同じです。そう、ほぼ変わりありません。
カナダやマダガスカル産を「ラブラドライト」と呼び、フィンランド産を「スベクトラライト」と呼びます。
産地が異なると呼び名が変わるというのはこの石くらいでしょう。


スペクトロライトが発見されたのは、1940年の第二次世界大戦中に偶然見つかったものだといわれています。
殺戮のさなか、この石を見つけた兵士たちは何を感じたでしょうか。この美しい輝きを見てもなお、まだ人を殺めたいと思ったでし ょうか・・・


スペクトロライトは、殺し合う無益な心を、物言わずに諭すために現れたのだと思います。見つかったのは決して偶然とは思えません。


また、見た目の美しさとは無縁のスピリチュアル系の石は、時代を変革する牽引の役目を果たしているように思います。

「変革」と言えば「変容、変革、変化」の石と呼ばれるレアな石があります。
その世界では超有名なクリスタルヒーラーさんが命名して有名になった石で、メタモルフォーゼスです。




この石は、ガンマ線を照射して更に300度位で加熱すると色が変わるので有名です。
グリーンゴールドに変わったこの石は、名前まで「オーロベルディ」と変わります。


宝石のアレキサンドライトなどもカラーチェンジしますが、名前まで変わりません。
この、名前まで変えてしまう石って、個人的にはとても好きです。



ところで、魚では成長とともに名前を変える魚を出世魚(しゅっせうお)と呼びますよね。
出世魚はなぜそう呼ばれるようになったかというと・・・
江戸時代までは元服や出世に伴い名前を変える習慣があったことから、「成長に伴って出世するように名前が変わる魚」として出世魚と呼ばれるようになった・・・と書いてありました。


ブリなどをはじめ、縁起の良い魚として扱われることが多く、めでたい席や祝いの席で料理として出されることが多いのですね。
石の場合、「出世石」とは呼びませんし、縁起を担ぐのとも違いますね。(笑)


熱を加えると色目が変わる石は多くありますが、名前が変えられるものは少ないです。

アイスクリスタル


最後に「アイスクリスタル」を紹介させてください。
アイスクリスタルはここ数年市場に流通し始めた、ヒマラヤ山脈の標高6000m峰の氷河地帯で産出される新タイプのヒマラヤ水晶です。


何が新タイプかと言うと、アイスクリスタルは、本来この時代に見つかるはずが無かった石なのです。
たまたま温暖化によって氷河が溶けた、その跡で発見されたのです。


このことから、今この時代に地球から人間へ、自然や環境など人の取り組みや関わりに何らかの貴重なメッセージを伝えるために登場した石だと言われています。
名前の由来は、石同士を軽くすり合わせると、まるで氷のような音がするため名付けられたようです。
別名で、ニルヴァーナクォーツ(涅槃水晶)とも呼ばれています。


地球温暖化の影響でヒマラヤの氷が溶けたことにゆって姿をあらわしたアイスクリスタルクォーツ。



この時代にアイスクリスタルのようなパワーストーンが発見されることに その意味合いを感じるヒーラーはたくさんいます。


社会はどんどん乱開発が進み、生活するには十分すぎるほど便利な世の中になっても、
まだまだ開発は続いています。
そして私たちの欲は尽きることはありません・・・
「気づき」の時代に突入しても、しばらく先はこの状態は続くでしょう。


私たちは、地球に生まれた意味を見直す時期にきています
そしてそんな今の時代に 必要な天然石たちがどんどん発見されています。



そのほとんどは愛と霊性に関係のある石ばかりで、今の私たちに警告を発しているようです。
たぶん、ますます石のエネルギーはもっと大きくなるのではないでしょうか。


とは言え、私たちは皆生活をしているわけです。
毎日。
仕事をして人と関わり、多忙な中で「気づき」と言われても、「何眠たいこと言ってるんだ」と言われる気持ちも十分に理解しているつもりです。
私たちは、さまざまな困難な障害もありながらも、また何らかの問題を抱えながらも前向きに頑張っているのですからね。
何もないように見えていても、言わないだけで皆いろいろと頑張っているんです。


ただ、物質的な感覚以外の「真理」も知って頂くと、人生にも少し深みが出ますよ、ということを謙虚におすすめしてゆきたいと思っています。

Shop         INORI   ホームページ

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

    関連記事一覧

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    アーカイブ

    最近の記事

    カテゴリー

    PAGE TOP