INORI広場 Blog

広州や香港で食べる前にすること。

広州は、「食は広州にあり」というほど広東料理で有名な地域です。屋台などの外食も盛んです。
しかし、いつも不思議に思うことがあります・・・

食べる前に、まずやることがあります


レストランに入るとテーブルの上にメニューが置いてあります。
それを眺めて「どれにしようかなぁ~」と選んでいると、愛想の悪い店員さんがやってきて、僕の前に、お茶が一杯入ったポットと、プラスティックのボールが置かれます。
そう、無造作に・・・

今回はお茶でしたが、普通はお湯が入っていて、ボールの代わりに洗面器が出てくることもあります。
そう、お風呂で使うあの洗面器です。

初めての時は頭の中が「????????」でした。
周りを見てみると、テーブルの上に置かれた小皿や大皿やお箸などを、お茶で上手に洗っています。そう、「洗う」ためのものなのです。
「えっ!そんなに汚いの?」と思うかもしれません。僕はそう思いました。(*_*;

昔は確かにそうだったようですが、今では風習として残っているようです。
まずこんなふうにして洗浄します。

テーブルに置いてある食器類は見た目とてもきれいですので、「これする必要ある?」と聞くと、彼女(通訳の子)は「私は必ずします」と言い切ってました(汗)
はぁ・・そうなんですね。
広州や香港などの華南地域は湿度も高く、温度も高いのです。昔は雑菌が湧いたりする環境が整っていたそうです。いくらレストランが綺麗にしても、時間が経つと危険らしいのです。
そのため安全確保の為にも、沸騰したお湯を使ったお茶で殺菌をするのです。
それを聞くと、単に風習だけとは限らないのかもしれません・・・

食を楽しむパフォーマンスかも


店の運営として考えたら、この洗浄のためにポットと洗面器をテーブルの数だけ用意して、お湯も沸かしていて、それを持って行ってまた引かないとなりません。
すごく面倒な手間がかかっていると思うんですよね。
それより、きちんと洗って「うちは完璧に洗っているから洗浄の必要はありません」の方針に変えたほうが効率いいと思うんですよね・・・
それが変えられない何かがあるんでしょうね。

例えば、以前の「中国事情あれこれ」などにも書きましたが、日本人以上に「食を楽しむ」文化は中国にはあるので、このめんどくさい行為もなにかしら意味があるのかもしれません。

食にどん欲な中国の方ですが、街を歩いていつも思うのは「よく食べるのに太った人が少ない」ということです。
少なくとも若い女性で太っている人はあまり見ないです。
ですからスタイルがいいので、足出している女性結構多いです。
これはお茶が関係しているのかも・・・と思い、今度はお茶についても調べる必要がありそうです。

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP