INORI広場 Blog

体の不自由な、あるお客様


人との出会いというものは、その人との体験を通じて「何を学ぶか」という側面があると思います。
そして、必要な人との出会いはベストのタイミングなのです。

あるお客様

お店をオープンして1年くらいたった頃、ある夕方に小柄な中年女性が足を引きずりながら入店されました。
体が不自由であることはすぐにわかりました。

それからも定期的に来られるようになり、いつも大小いろいろな天然石ビーズを20-30個買って帰られます。
そしていつしかその方と話をするようになりました。



ご自身もお身体が不自由で障害者ではあるのですが、その方は障害者が働く施設でそのような方たちを指導する仕事をしているとのことでした。
アクセサリーを制作する指導で、製品の創作に天然石を使った作品を考えておられるそうなのです。
その材料にINORIの石をお買い上いただいていたのです。

何度目かのご来店のある日、その方の身の上話を聞かせていただくことになりました。
その方のお名前をLさんとします。

Lさんは生まれた時から障害を持っておられたそうで、小学生の4年生くらいまで両手両足がまともに動かなかったらしいです。
自分のことを自分ですることが出来ず、いつも誰かの介護が必要な状態だったと言います。

両親はLさんが幼いころに離婚して父親と二人で暮らしていたそうなのですが、少学5年生の頃お父さんが再婚したのです。

新しい母が来てくれて、これからは明るい生活になると期待するも・・・
それは全くの逆でした。

義理の母からのいじめが始まったのです。
いじめというよりは虐待です。

それからの事の詳しい経緯はわかりませんが、結局Lさんは両親から離されて施設で暮らすこととなりました。
その施設は、障害を持つ子が多く居るようなところだったようです。

そこで何年か経つうちに、同じ障害の男性と恋をし結婚しました。

Lさんはその後4人の子を持つ母となります。
しかし、手足が不自由なLさんがどうやって子供を育てることができたのでしょうか?
それを聞いてみると、Lさんは笑いながら答えてくれました。

Lさん「そうねぇ、ホント大変だったわ。手がうまく動かないからほとんど口を使って何でもやったわ。おむつ替えから母乳をあげることまでね」
僕 「口を使ってって・・でも限界はおありでしたよね・・?」
Lさん「もちろん旦那の手伝いはあったわよ」

Lさん「でもね・・・不思議なのよ」
「子供の頃は、自分では全く何もできない体だったのに、子どもを育てるようになってからは、『生きなきゃ!』『育てなきゃ!』ていう必死の思いがね、だんだんと体が動くようになってくるのよ」 そうして今のような体にまで動くようになったわ。
子供に逆に感謝よね。

それに1人目の女の子が大きくなってくると、その子が下の子の面倒を見てくれるようになるからだんだんと楽になったわ」 と言って笑っておられました。

僕はその時期のLさんの壮絶な努力を想像すると笑うことなどできませんでした。
ただただ感動と敬服ばかりです。

実は当時のINORIはオープンしてからまだ日も浅く、お客さんが全く来ないで経営難から食べていけない時代でした。
毎日毎日悩み、途方に暮れていました・・・
そして真剣に自己破産の手続きを調べていましたね。


そんな時Lさんが僕のお店に来られたのですが、Lさんの体験を聞くにしたがい、今が苦しいなんて自分はなんて甘い考えをしていたんだと恥ずかしくなりました。

偶然ではなく必然

実はLさんだけではなく、INORIはたくさんの方に精神的に支えられて今日があります。
今思うと、そのような方々が店に来てくれたのは「たまたま」や「偶然」ではなく必然だったのだな、と確信しています。

「出会い」は本当はそのような性質のものなのだと思います。
日々誰にも起こっていることなのです。

人との出会いは本当にベストタイミングで設定されています。
「一瞬遅すぎず、一瞬早すぎず」
です。
そして不思議なことに、その出会いによって自分が何かを学び成長できた時にそれらの方々は消えてゆかれます。
僕の場合は、いつの間にか「気づきを与えてくれる方たち」がぴたりと店に来られなくなるのです。
まるで僕が学び終わったら「はい、私たちの役目はおしまいね」と言うように。


Lさんの話にはおまけがありまして・・・

Lさんが子育てがある程度おち着かれた頃、阪急線のY駅で旦那さんが自転車屋さんを開業されたのです。

実は僕も以前Y駅に住んでいたことがあり、そのお店でなんと、自転車を買っていたのです。
なんか、どこかでつながっていたのですね・・・
その時はわからなくても、その時の「出会い」がこれからの物語の布石を作ってくれているのですね。

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

     

     

    関連記事一覧

    コメント

    • コメント (0)

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    最近の投稿

    カテゴリー

    アーカイブ

    ポッドキャスト記事

    不思議話で人生は変わる
    不思議話で人生は変わる
    ご挨拶
    Loading
    /
    • ご挨拶

      ご挨拶

      Feb 14, 2020 • 5:30

      これから、天然石ショップで繰り広げられる不思議話を配信してゆきます。 まずは自己紹介を含めたご挨拶か…

    • モリオンは明智小五郎

      モリオンは明智小五郎

      Feb 24, 2020 • 9:06

      一般的にモリオン(黒水晶)は、邪気払い、協力な魔除けと言われていますが、意外な側面もあるのです・・・…

    • 勘違いの霊

      勘違いの霊

      Feb 25, 2020 • 6:00

      霊の世界では時間や形の概念がないといます。 それもまた不便なもんだと思います・・・ ※内容は普段配信…

    • 消えた石

      消えた石

      Feb 26, 2020 • 5:16

      絶対になくなるはずの無いものが忽然と消えた・・・そんな経験はありませんか? 天然石では珍しいことでは…

    • いつも側にいるよ

      いつも側にいるよ

      Feb 29, 2020 • 4:24

      無くしたはずのものがいつも戻って来る・・ラッキーなのだけど、無くならないのはどうして? ※内容は普段…

    • とんびの恩返し

      とんびの恩返し

      Mar 7, 2020 • 7:08

      動物は、小さな生き物もきちんと人に気持ちを伝えるのだということが良くわかります。「日本昔話」のような…

    • 霊視でもなく透視でもなく

      霊視でもなく透視でもなく

      Feb 29, 2020 • 6:27

      人の頭に突然浮かぶ「数字」・・これは何を意味しているのでしょうか・・・ ※内容は普段配信しているブロ…

    • まさかの精霊

      まさかの精霊

      Mar 3, 2020 • 7:07

      精霊や妖精は注意していると誰にでも見ることが出来るようです。 ただ、精霊は見る人の心の持ち様によって…

    • 狐の精霊

      狐の精霊

      Mar 11, 2020 • 6:26

      人里離れた山の中で見た狐の精霊・・・目の当たりにそれを見たら、自然に対する思いの多きる変わるでしょう…

    • 精霊 ウルトラ編

      精霊 ウルトラ編

      Mar 7, 2020 • 8:03

      子供と一緒に初日の出を見たときに遭遇した精霊・・・いや、あり得ないです(涙)・・・ 精霊は見る人によ…

    PAGE TOP