INORI広場 Blog

中国で仕入れてきました

物価は上がっている


ここ4回シリーズでいろいろ中国に来てからのことを書いてきました。
さて、メインの仕入れですが、結論から言うと思ったほど安くは買えなかったですね。
理由は、ずっと言われてるように中国の物価と人件費が上がっています。そう、かなり。
ユニクロは、あちらでは日本での「安い衣料品」ではありません。
食事代だって日本と変わりませんし。

初めは交渉の仕方が下手なのか、やはり日本人だから高めに言われているのかな、とも思いました。
事実それは多少あると思いますが、頑固に交渉しても変わらなかったでしょうね。
中東系の人や、全国にチェーン店を展開するバイアーの仕入れは、数百万から数千万です。
そんな買い方ならかなり安くもするでしょうけど、僕程度の買い付けで、それも初めて見た顔の客には安くはしません。

あと、他業種で仕入れに来ていた人から聞いた話ですが、相手が言うには「日本人は嫌われるんだよ。まず、細かい。これがダメ、あれがダメ。何度もやり直し・・・それなのにロットは少ないし。はっきり言ってやりたくないけど、だけど引き受けたら俺はちゃんとやるけどね」と。

そしてめちゃめちゃ無愛想。


アクセサリー系のピアスなど華やかな売り場は、多少にこり、とするけど、天然石は総じて「あんた、なんか機嫌わるい?」て言いたくなるような表情です。
これは、こちらが日本人だからというだけではないみたい。

食事時に行くと最悪です。
僕なんかよりカップ麺のほうが大事というのがわかります。(-“-) おい!

接客中に携帯で電話するのあたりまえ・・・。
モノ食ってるし、持ってるはしで指図するし、あくびしながらレジ売ってるし・・・で。
しかしこれも慣れると面白いです。
おお~次はこうきたかー・・・みたいなね。

商売は人を知ることから


でも、思いました。
確かに日本人からすると失礼に当たる振る舞いも、結局は人と人。
同業者も言っていました。
何度も足を運んで顔なじみになると変わるよ、て。

そんなものなのでしょうね。
僕は店を出るとき必ず元気に挨拶することにしました。
すると、たいていあんな不機嫌だった人が軽くでも笑います。
笑えば可愛いのに・・損してるぞ、て思います。

初めて中国へ来たけど、次に行くときはまた違った表情を作れるような関係を作っていこうと思いましたね。
ゆっくりゆっくりと・・・

それにたった数日の工程ではとても回り切れないです。
めちゃめちゃ広いし、あらゆる専門店のビルが点在していてこれから開拓してゆくところはまだまだありそうです。

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP