INORI広場 Blog

男の子と子犬


今回もお客さまからお聞きしたお話です。
いつも可愛いお子さんと一緒に石を見て回られる男性の方です。
その方も結構多くの霊体験をお持ちのようで、子供の時は毎晩金縛りにあっていて、皆そうなんだ、という、それが「普通」の感覚だったそうです。
金縛りの時にはたくさんの霊が現れるので、夜になると「別のお友達」と遊ぶ時間」だと本気で思っておられたとか・・(-_-;)
その中のお話の一つです。

お客様をA夫さんとしましょう。
大人になったある日、部屋で寝ていると見知らぬ子供がそばにいたらしいのです。
A夫さんはすぐに霊だと分かりました。そこで「どうしたの?」と声をかけてみたのです。

子供は「お父さんをさがしているの」と言うので「ここにはいないよ。早くお帰り」と言うと、すぐにスーと消えて行きました。

話は変わって・・・

数日後、A夫さんの家で子犬を飼うことになりました。
しかし残念なことに、その子犬はもともとあった病気が原因ですぐに亡くなってしまったそうです。


そして亡くなった夜、以前の男の子がまた現れたのです。
今度はなんだろうか・・・と思っていたら、その男の子はA夫さんに「おとうさん、ありがとう」と言って消えていったというのです。

A夫さんは言います「今になって思えば、あの子犬があの時の男の子だったのだなぁ」と。

男の子の魂と子犬との関係は分かり得るものではないですが、そのようなこともあるものなのだな、と考えさせられるお話でした。

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー