INORI広場 Blog

霊臭


「霊感」とよく言いますが、霊にも臭いがあることをご存じでしょうか。僕は勝手にそれを「霊臭」と呼んでいます。
店には霊感の強い方はたくさん来られて、このブログネタにさせていただいています。
僕にはその「感」のほうはないのですが、「霊臭」は備わっているようです。

もともと鼻が敏感だというのがわかったのが学生の頃です。
大勢でピクニックに行く電車の中のことでした。
女子が作ってくれたお弁当の匂いがプンプンするのです。
「これにはエビフライが入ってるね」と言うと、「ええっ!!」と皆が驚きました。
「いやいや、普通にわかるでしょう」と思うのですが、皆「わからない」というのです。

「これにはハンバーグ」「これにはリンゴが」・・・などと当てていくと「す・・凄い!」と感心してもらえました。
それからです。僕が自分の鼻が敏感だと意識しだしたのは。
でもね、鼻が敏感だからといって得することは何一つないのです。むしろ逆です。
タクシーやバスでは車内の排ガスの匂いで酔いやすいし、動物は好きですが匂いが強烈なのはダメです。
・・・・・・・・・・・・・
話を霊に戻しましょう。
霊の匂いって、僕的には3種類あります。
まずわかりやすいのは、モノが腐ったような匂い・・これは多分、浮遊霊なのでしょうね。浮かばれずその辺にうろうろしている霊・・・。
二つ目は、人にくっついている霊。
なぜくっついているか理由は様々でしょうけれど、とにかく「連れて来ている」霊。
これの匂いは・・うう~ん・・・言葉では言い表せません。
独特すぎて・・・
でも、不快な匂いです。そう、かなり・・

実は店で接客していると、お客さんが「連れて」いた場合、その独特の匂いですぐにわかります。
きついものでは、鼻から息が出来ない時があります。
もし僕が、ハアハアと犬のように口で息をしていた時は、誰かが強烈な霊を連れていると思ってください。(笑)

こんなことを書いている私たちでも、たまに「乗っかっられる」場合があります。
自分たちの体から発する「霊臭」・・これ、いやですよ~
やられたー!て思いますが、どうしようもありません。

軽いものは自然にどこかへ行ってくれますが、重いものは数日消えません。もちろん気分が悪くて吐き気さえします。
霊臭には、塩やお香などが良く効きますが、実はリセッシュも効果抜群です。

ただ、リセッシュは30分経てば効果がなくなりますから「ウルトラマンの10人分」ですね。

最後の3つ目ですが、話が長くなりましたので次にしますね。


先日行った、京都の北野天満宮で撮りました。

【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

アーカイブ

最近の記事

  1. 2018.07.4

    広州散策

カテゴリー