INORI広場 Blog

覚醒する人々


以前にも覚醒された方のお話を書きましたが、今回も同じ変化が現れる方々のお話です。

Aさんは数年前からペンデュラムに興味をもたれて、ずっと使っていたようです。
ある日を境に、「失くし物」が完璧に分かるようになってしまいました。。
これはペンデュラムを使って、というわけではいようです。
なんとなく・・・そう、直感が敏感に働くようになったらしいのです。
「おかげで家族は、何か見つからなくても一切探そうとしないのよ。君が見つけてくれるだろうから、て・・・」と言ってぼやいておられました。(笑)

便利な能力ですね。そして、能力はこれからさらに広がってゆくのでしょうね。
Mさんは、相変わらず「何かから」触られたり、つつかれたり、声が聞こえたりと忙しいようです。
声が聞こえると言っても、何かのヒントやアドバイスなのでしょうけれど、本人は何のことやらさっぱり分からない、と言って困っています。

例えば、急に「次はあなたの番だよ」とか、「そろそろ始まるよ」とか言われるそうなのですが、前後関係が全くないので気のつけようがないらしいのです。
このケースは、声の主が逆にイライラされているかも知れませんね(笑)

この方たちのケースは、興味本位で聞けるケースですが。次のNさんの場合は深刻です。

見える、聞こえる、感じる、におう・・・と五感全てが開いてしまいました。
最もNさんに限っては、子供の頃からその資質を持っておられたようなのです。
急に感性が研ぎ澄まされると、まずパニックになります。落ち着いてなんていられませんし、日常生活だって支障をきたすでしょう・・・
Nさんの精神状態は、それは大変だったと思います。

例えば、目の前にある天然石のエネルギーがはっきりと感じ取られたり、道行く人がもつ「気」に影響されたり、オーラの色が見えたりするとどうでしょうか・・・

いいなぁ、なんてレベルを超して頭が変になりそうです。

だいぶ落ち着いた頃にお店に来られたのですが、少しまだ興奮気味でいらっしゃいました。

僕に、少しでもそのような霊的能力があれば共感出来るのですが、残念なことに、完全なまでにノーマルな体質ですからお話をお聞きする事しか出来ません。

では、このように覚醒される方の特徴はあるのでしょうか?
性格や性別や年齢や宗教の信仰の深さなど・・・
僕の知る限りにおいては「ありません」

INORIのお店にいらっしゃる方だけでもすでに覚醒された方を含めるとと結構いらっしゃいますから、世界規模で見ると本当にスピリチュアルの変革の時代になったのだと思います。

ただ間違ってはいけないのは、霊的に目覚める事が「よい」も「悪い」もない、ただそうなのだ、ということです。
大切なのは、生活している「今」をきちんと見据えて生きてゆくことですよね。

読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただいたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

  1. 2018.09.12

    癒しの店
  2. 2018.07.27

    生まれ変わり

カテゴリー