INORI広場 Blog

石の変化が意味するもの


※この記事は2009年に配信したものに手を加えています。

今回の不思議話は、正直、僕自身も半信半疑であることを断っておきます。
それくらいあり得ないことでした・・・
去年の暮れに、お世話になっている友人のご両親に「観音ブレス」をそれぞれプレゼントさせていただいたのです。水晶で出来た観音様のプレートがトップにきて、周りの石は水晶で出来ています。お店にも置いて販売しています。

半年くらいた経った頃でしょうか・・先日、友人が「ずっと前にもらったブレスの石・・色が変わってきたのだけど・・・」と連絡を受けたのです。少しくすんだのかな、くらいに思っていました。そして早速、携帯で写真を送ってもらったのです。

見ると・・・!!

えっ・・?水晶がシトリンに変わっているではありませんか!! (@_@;)
あり得ない!!いくら何でも!!(-_-;)

水晶が曇ったり、クラック水晶が透明になったりルチルの針が増えた現象はよく聞きます。これはこれで大変不思議な話ですが、シトリンに変わるなんて・・そんなことが出来るなんて魔術師セロくらいなものです。

僕は実際にそのブレスを送ってもらいました。この目で確かめてみたかったからです。

すると・・確かにきれいなシトリン色に変化しています。
実際にはシトリンではなく「シトリン色に変わった」というほうが正解のような変わり方でしたが・・
初めは、どこか別の店で同じものを買っていたのを忘れて「水晶が変化した」と騒いでおられるのではないのかな・・と疑っていました。
でも、そうではなかったみたいです。観音さんのプレートまでシトリン色していましたし・・

おまけに、水晶がすごく軽くなっていました。そう、すごく・・・。
プラスチックと間違うほどに代わってしまっているのです。でも、水晶の屈折が見えます。
この現象は一体何なのか・・良いことなのか悪いことなのかさえ判断出来かねています。

ただ言えるのは、持ち主の体の様子はあまり良いとは言えず、神経もよく使う方で気苦労は多いとのことでした。
加えて、霊的な感覚は普通の方よりかなりあります。

持ち主の今後の様子を見て、またの機会に続報をお知らせしようと思います。(「金曜特番」のような終わり方で申し訳ありません。(>_<)) ただ、天然石にはこのような嘘のような話はいろいろとありますよ・・・

以上が2009年度の内容でした。
その後、ご本人は脳卒中を患われました。
幸い手術がうまくゆき普通の生活に戻られましたが、あの「あり得ない現象」は体の様子を告げる予知だったのではないかと思います。
このようなお話を信じるかどうかはともかく、こういったことも天然石にはあるのだと知っておかれても損はないと思います


【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー