INORI広場 Blog

宝塚 すみれ商品券から学ぶ


6月に各都道府県より先行して宝塚市が「すみれ商品券」を販売しました。
地域活性化の目的で、国の補助金制度を活用した商品券です。
※他の地域では商品券の名称は変わると思います。
1万円で12000円分のお買い物券が購入できます。一人5万まで購入できるので、6万円相当の金額のものと交換できるわけです。
それに、大手量販店でも使えるということで、発売前から話題になっていました。


さて、発売日・・・

相当な混乱になりました。
購入できた人は朝の4時から並んでいたといいます。
朝の5時に来た人はアウトでした。

数日に分けて場所も変えて発売されたのですが、あまりの混乱ぶりに、抽選制度に変更したほどです。
たしかに役所や商連の準備と対応のまずさもあり、市民が怒るのも分かります。

しかし・・・
発売初日の出来事です

早朝から凄い人数が集まってきたため、整理券を配ることにしたようです。
整理券は一人1枚です。
家族4人が並んでいれば4枚配れます。
担当者が一人ひとり配ってゆきます・・・

おばさんA「今抱いているこの赤ちゃん、この子も一人分なんやから2枚ちょうだいよ!」
担当者「は、はい。分かりました」
おばさんB「私のお腹の中には赤ちゃんがいるんやから、この子の分とあわせて2枚ちょうだいよ!」
担当者「・・・・・・・・・」

INORIの店が入店しているショッピングセンターでも広場を提供し、そこで役所の方々が販売をしていました。

朝の混乱時は怒号や罵声も飛びかっています・・・
僕はその様子を遠くから見ていました。
僕の胸には、仕事時に着ける店名を書いたカードを掲示しています。

このカードを見て(書いてる文字は全く読んでいません)、「あなた!この発売の関係者!?」と詰め寄られる事も・・・あせる僕・・」

後日、友人の女性(浪速のおばちゃん、ていう感じの方)に、「大変な混乱でしたよ~」と話したところ・・・
おばちゃんC「ふう~ん・・・私はそんなめんどくさいこと嫌やわ。5万円で6万円分買えるんやろ?私やったら6万円のモノを5万円にまけさせるわ」

僕「・・・・・・・(汗)」

※一応断っておきますが、関西のおばさんでもこれらのユニークな方々は一部であり、大半の方は紳士淑女ですから。


【読者登録】
読者登録いただける方や配信解除のご希望は下記からお願いします。(配信解除希望の方は、メッセージに「配信解除」とお書きください。)
※ご登録いただきましたメールアドレスは、ブログ配信以外には使用いたしませんのでご安心ください。
※お名前は本名以外でも結構です。
※配信は「inori@ktf.biglobe.ne.jp」からいたします。スマホの方は受信が出来るよう設定をお願いいたします。

※記事へのコメント欄はもっと下にございますので、そちらからお願いいたします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

最近の記事

カテゴリー